お気楽ダイエット

“お気楽ダイエット”ほど長続きする

「自分はまじめ人間だと思う」自らこの項目をチェックした人は、やはりものごとを真剣に考えるまじめなタイプなのでしょう。太っている人の中でも、ダイエットに繰り返し挑戦しては失敗するタイプの人は、多くの場合とてもまじめで、完全主義者が多いようです。

 

自分が決めたことを完璧に成し遂げなければ気がすまない。たとえば、甘いものは一切食べない、脂肪の多い物も口にしないなど、常に自分に対して厳しい姿勢で望んでいます。

 

しかし、ダイエットにこのきまじめさは、ときとしてアダになります。このタイプの人は、ダイエットを始めるときも、高い目標を立て、自分の行動や食事にもきちんとしたルールをつくってそれをもとに行動しようとします。

 

ところが、このような行動は長続きせず、ルールが守れなかったときに、自己嫌悪に陥ってしまいます。そして反動でやけ食い⇒ますます太る、という悪循環になっていくのです。

 

もちろん、いい加減では困りますが、ダイエットを始めるときは、現実的な目標を立てて、柔軟なルールをつくり、肩のチカラを抜いて気楽にやるくらいがちょうどいいのです。

 

ダイエットに関する限り、ちょっぴり不真面目なくらいが長続きして成功するものです。

 

関連記事

お気楽ダイエット記事一覧

キャベツダイエットとは

一日の総摂取カロリーを減らしながら、お腹いっぱい食べられるダイエット方法が、キャベツダイエットです。低カロリーで食物繊維やビタミン、ミネラルが豊富に含まれるキャベツを食前に食べたり、主食代わりにすることで効率的に痩せるというのがこのダイエット法の特徴です。キャベツダイエットではなくても、ダイエット中にキャベツを摂取するのはおすすめです。キャベツダイエットの最大のメリットは、空腹感を感じることなく大幅に食事を減らせることです。空腹のストレスのないダイエットができるのはうれしいことですね。食事をよく噛んで食べることはダイエットのポイントですが、キャベツのように歯応えがある食材はまさにピッタリです。...
続きはコチラ

キャベツダイエットのデメリット

キャベツダイエットは、多くの人から高い関心を集めています。しかし、だからといってデメリットが一切ないわけではありません。やはり毎日毎食キャベツを食べるというのは飽きてしまうものです。ダイエットに適したざく切りキャベツは、歯ごたえがあるのでけっこう噛まないと飲み込めません。はじめは良くても、そのうちキャベツを食べること自体が面倒になって、飽きてしまうことがあります。飽きずにキャベツを食べてキレイに痩せるためには、調理法や味付けをひと工夫するのがおすすめです。塩、しょうゆ、ノンオイルドレッシングなどを使用して、味付けをアレンジしてみましょう。オイルを使用したドレッシングやマヨネーズは、高カロリーな...
続きはコチラ

キャベツダイエットの方法

キャベツダイエットのやり方には、2つのパターンがあります。まず1つ目は、食事の前にキャベツを食べる方法です。この時食べる量は6分の1玉が目安です。これを、歯ごたえが残るように大き目のざく切りにして、食事前にすべて食べてしまいます。その後食事をするのですが、この時の食事は特に制限はなく、好きなものを食べても良いとされています。実際に食べてみると、キャベツの後はあまりたくさん食べられないものです。少量の食事で満足できると言うのは、ダイエット効果を得るために大切なことですよね、2つ目は、キャベツを主食代わりに食べる方法です。食べるタイミングは食前ではなく、主食と同じようにほかのおかずと一緒に食べます...
続きはコチラ

このページの先頭へ戻る