ダイエット 基本姿勢

面倒くさがり屋こそ、2週間ダイエット

「いやなことは避けて通るほうだ」。あなたの行動パターンが「やりたくないことは後回し」「面倒くさいから誰かに任せよう」である場合、これにも少し修正が必要です。こういう考え方もあなたを太らせます。

 

こういう行動パターンをダイエットにあてはめると「今日はとりあえず食べて、ダイエットは明日から」「食べ物をガマンするくらいなら、痩せなくてもいいや」「体重を見るのはイヤだから体重計に乗らない」ということになってしまいます。

 

それは、何事にも受け身で、自分から積極的に働きかけることをせず、また、なんらかの不安感や劣等感があることです。
しかしこれは性格というより、太っていることによって形成された傾向にすぎません。ダイエットを始める前にまず、こういう考え方から直していきましょう。

 

いやなことを避けて通る行動パターンを「今日の努力が実を結ぶ」「スマートできれいになりたい」「体重が減るのが楽しみ」というようなプラス思考に置き換えるのです。

 

あらかじめ、自分が陥りやすい考え方を書き出し、それに対する打ち消しの表現を紙に書いておいて、ダイエットに不都合な考えが頭に浮かんできたら、その紙を見るようにするのもいいでしょう。

 

あなたに痩せたい気持ちさえあるなら、とりあえず最初の2週間、ダイエットに取り組んでみてください。2週間あれば、ダイエットの基本姿勢は身につきますし、太る習慣のうち一つでも改善できれば、目標達成に確実に近づいていくことでしょう。

 

関連記事

ダイエットの基本姿勢記事一覧

食べ方のクセが肥満を招く

同じカロリーのものを食べても、Aさんは太ってしまい、Bさんはまったく太らないというのはよくある話。これは、もちろん基礎代謝の違いも大きいのですが、食べ方そのものにも原因があります。いつ何を、どう食べるか。その食べ方の知恵を身につけているかどうかが問題なのです。摂取カロリーは同じでも、食べ方が下手だと体脂肪を増やしてしまうし、食べ方が上手だと、エネルギーとして燃焼する率を高めて体脂肪になるのを抑えることができます。たとえば、掃除が苦手な人は、雑誌や新聞などを部屋のなかにため込んで、スペースを狭めてしまいます。まめに掃除をする人は、手早くリサイクルして、部屋のなかに不用品をため込まないようにします...
続きはコチラ

噛めば噛むほど痩せるメカニズム

噛むという行為には、噛めば噛むほど食後のエネルギー消費量を高くする、というメリットもあります。これは、カナダにあるラバル大学のルブランク教授らによって明らかにされたものです。教授らは、755キロカロリーの食事を、2つのグループに別々の方法で摂取してもらう実験を行いました。ひとつのグループには、食事を12分かけてゆっくり咀嚼(そしゃく)して食べてもらい、もう一方のグループには、同じ食事をミキサーにかけて流動食にし、12分かけてチューブで胃のなかに送り込んだのです。それぞれ食後のエネルギー消費量を比較した結果は? なんと、よく咀嚼したほうのグループは、流動食のグループと比較して、エネルギー消費量は...
続きはコチラ

健康を維持するためのダイエット

「ダイエット始めるのは、面倒くさい。せっかく始めても長続きしない」そんな人は山ほどいると思います。しかし、肥満が健康を害することは、いまや常識です。肥満を放っておくと、生活習慣病を引き起こすことにもなりかねません。生活習慣病は、過食や運動不足、喫煙、飲酒など、生活習慣の乱れが原因で起こる病気のことです。こうした生活を何年も続けていると内臓脂肪が増え、糖尿病や高脂血症などさまざまな病気を発症しやすくなります。肥満と生活習慣病に関して、次のようなデータがあります。標準体重を上回っている人は、標準体重内の人に比べて、心疾患の発症率が2倍、高血圧症が3.5倍、糖尿病が5倍にもなります。また、肥満の人は...
続きはコチラ

このページの先頭へ戻る