自己流ダイエット

ダイエットしてもなかなか痩せないのは、食べ過ぎだけでなく、冷え症や運動不足が原因になっているといわれていますよね。
体をあたためて、筋肉を動かすと、脂肪が燃焼して理想的なボディになれるのですが、わかっていても行動に移せなかったり、なにからはじめていいのかわからないってことがありますよね。

 

私もレッグマジックやダイエットサプリ、置き換えダイエット用の食品、エクササイズのDVD、タレントのダイエット本など、これまでダイエットに多額の投資をしてきましたが、いまだに理想の体型になれていません。
そう考えると、もう自己流ダイエットに無駄なお金を使うのをやめて、いっそエステのダイエットコースを申し込もうかなという気分になってきますよね。

 

気になっているのが、脂肪燃焼キャビテーションです。
脂肪の多い部分を深部からあたためて、キャビテーションで脂肪を集中的にケア、そしてEMSみたいな機械で寝ている状態で筋肉運動をして、キレイに引き締まった体へと導いてくれるんですって。

 

キャビテーションっていうのは、道具や方法の名前ではなく、現象のことをいうそうですが、エステで導入されているのは超音波を利用した痩身法のことを指すみたいですね。
いくつかの有名エステが導入しているので、お試し体験に行ってみたいと思います。

関連記事

自己流ダイエット記事一覧

体のSOS信号を見逃さない

女性の場合は減食ダイエットを繰り返していると、将来骨粗鬆症にかかる危険性がぐっと高まります。これは、月経が停止したりして女性ホルモンのエストロゲンが減少し、それに伴ってカルシウムが流出しやすくなるためです。こうなると、骨量の減少は加速度を増して進んでしまいます。ひもじいダイエットを繰り返せば、大事な筋肉や骨も失われることをよく考えなければなりません。また、ひもじいダイエットは、基礎体力の低下を引き起こします。何かをやろうという意欲まで低下し、生活すべてがパワーダウン。人生を楽しもうとする前向きの生き方までが失われていくのだから、これは一大事。もし、そんな症状が出始めたら、これは体の危険を知らせ...
続きはコチラ

3食きちんと食べて運動する

減食すると、健康を維持するうえで必要な栄養素が不足がちになってしまいます。3大栄養素といえば、タンパク質、炭水化物、脂肪ですが、そのなかでたんぱく質はカラダをつくるうえで基本となる大切な栄養素です。筋肉も骨も、タンパク質で構成されているし、細胞や血管も、タンパク質がなければつくりを維持できなくなります。よく、低カロリーの食事を食べながら、サプリメントでたんぱく質をおぎなっている人がいます。でも、それは体内でたんぱく質がスムーズに合成されることにはつながりません。食事制限によってカラダの機能が低下すれば、いくらカラダにとって大切な栄養を与えても、たんぱく質づくりを活発化することはできないのです。...
続きはコチラ

このページの先頭へ戻る