コーヒーより紅茶

カフェではコーヒーより紅茶

ダイエットしたいなら、飲みものはコーヒーより紅茶をオススメします。紅茶の葉は赤茶色をしていますよね。これは、茶葉を発酵させたからです。発酵しているものは身体を温めるのです。

 

たとえば、プーアル茶という中国茶は「痩せるお茶」として知られています。プーアル茶は黒茶という種類で、紅茶より発酵の強いもの。身体を温めて代謝を上げる力が強いので、痩せるといわれているのです。

 

どうしてもコーヒーを飲みたい場合は、体温より温かくしたものを飲みましょう。ホットコーヒーなら、少なくともその熱をもらうことができます。アイスコーヒーは身体を冷やすだけですから、オススメできません。

 

発酵しているかどうかという点で見れば、緑茶も冷性です。緑茶の場合は、「清熱」といって「熱を冷ます」効能があります。緑茶は冷えた身体を温めたいときには逆効果になってしまうのです。

 

ただ緑茶にはいろいろな効能がありますから、それは捨て難いものがあります。緑茶の効能を利用するためには、温かくして飲むようにすればよいのです。アイスグリーンティーなどは、身体をとても冷やしてしまうので冷え体質の人は避けたほうがいいでしょう。

 

ちなみに、緑茶も紅茶もそうですが、苦味が強くなってくるとカテキンが増してきます。カテキンには抗酸化や感染予防の効果があるのです。

 

玉露は苦味が少なく甘味がありますが、それはテアニンという旨み成分が強く、カテキンが少ないから……。緑茶を飲むなら、玉露より安くて苦い煎茶がおすすめです。

関連記事


このページの先頭へ戻る