身体を温める

ダイエットのためには、身体を温める

今さらですが「ダイエットのためには、身体を温める」ということを、どうしてわざわざ意識しなければならなくなったのでしょう? それは、文明が進み過ぎたことが原因です。

 

漢方では、自然の変化に合わせて生活することが、その季節を健康に過ごす最良の方法だと考えます。

 

日本には四季があります。暑さにやられてしまう夏には、身体から熱を奪ってくれるような夏野菜が育つ。冬には身体を温めてくれる根菜や冬野菜がある。どの家庭にも冷蔵庫はほぼ100パーセント普及していますから、人工的に冷やしたものが食べられます。

 

夏だから薄着をする、しかし部屋のなかはクーラーでとても涼しい。それなのに、夏だからといって冷たいものを食べるのです。反対に、冬は温かい部屋で冷たいものを食べる。なんと、北海道はアイスクリームの消費量が日本でいちばん多い地域なのだそうです。

 

身体が冷えている人は、暑い場所に出ればよくなりそうなものですよね? ところが、冷える人は、暑さにも弱いのです。熱を産生することも発散させることもできないのです。体温の調節そのものがうまくできないからです。

 

いま、スーパーマーケットに行けば、年間を通して、たいていの野菜が揃っています。本来、夏野菜であるナスやキュウリやトマトも、一年中商品となって並んでいます。明日もきゅうりもトマトも身体を冷やす作用がある食品ですから、冬の寒い中で食べると、身体を冷やし過ぎてしまうのです。

 

関連記事


このページの先頭へ戻る