ダイエット お酒

アルコールは熱燗かホットワイン

うだるような暑さの日、1日の終わりにビアガーデンでキンキンに冷えた生ビールをグイッ! 冬の寒い日に温かい鍋を囲みながらクーッと飲む最初の1杯。冷えたビールは最高ですね。

 

でも、これが要注意。アルコールはすべて体を温める食材ですが、摂りすぎるとむくみの原因になってしまいます。身体に水分が溜まってむくむのですから、結局、身体が冷えてしまいます。

 

アルコールは「少飲淡飲」が原則です。「少なく飲む、淡く(薄く)してゆっくり飲む」ということですね。あまり強いお酒は飲まないで、あっさりと少量いただく。適度な量であれば、身体を温めて血流を増やしてくれるので、ダイエットにも効果的です。

 

しかし、飲みすぎると逆効果です。熱を放出してしまい、一度温まった身体を冷やしてしまいまし、睡眠も浅くなります。何ごとも「過ぎたるは猶及ばざるが如し」で、ほどほどにしておきましょう。

 

ワインも白ワインより、色のついている赤ワインをオススメです。冷やして飲む白ワインは身体を冷やしてしまうということもあるからです。

 

ワインを飲むときには、ホットワインがすすめです。ワインを温めて、シナモンを入れると、とても良い香りがして、身体も心も温まります。シナモンはかなり温め系ですから、アルコールとミックスされて効果が発揮されるのです。

 

ウイスキーも身体を温める効果は高いのですが、オンザロックや水割りでは身体を冷やしてしまいます。日本酒の場合ダイエットを気にするなら、熱燗やお湯割りのような飲み方をしましょう。

関連記事

ダイエットに効果的記事一覧

「タバコは痩せる」という発想は愚の骨頂

タバコはやはりやめるべきでしょう。「タバコは痩せる」「タバコをやめると太る」という説は、確かに事実です。だからといって、そんな理由でタバコを吸うのであれば、それは愚の骨頂としか言いようがありません。だってそうでしょう。タバコに多くの害があることは、もはや誰もが知っています。身体になんの影響もなく痩せられるということでは決してないのです。ここで、もう一度ダイエットの目的を思い出してみてください。それは、「キレイになること」と「病気を予防して健康になること」だったはずです。自分が得することばかりです。タバコを吸って痩せたとしても、動脈硬化が進行して心筋梗塞や脳梗塞で倒れてしまっては、苦労して痩せた...
続きはコチラ

ダイエットサプリメントはNG?

手軽なダイエット法として注目を集めているのが、ダイエットサプリメント。サプリメントとして販売されている場合は全てが食品として表示することが義務付けられています。 さらに特定保健用食品、栄養機能食品、または食品として法律で分けられており、厚生労働省から認可されたもののみ特定保健用食品と表示することが出来るのです。ちまたに出回っているダイエットサプリメントは基本的に、飲めばすぐ痩せる“痩せ薬”ではありません。それぞれの働きを知ったうえで、自分の体質やライフスタイルに合わせて、ダイエット効果を高めるものとして、補助的に摂るべきだと考えられます。サプリメントを飲んでいたのに痩せられなかった。下痢や胃痛...
続きはコチラ

単品ダイエットはNG?

1日に摂るのはりんごだけ、こんにゃくだけ、オオバコだけ、水だけ……。単品ダイエットは、何度となくブームを巻き起こしてきました。即効性がある、手軽だということが、短期間にダイエットしたい人に、根強い人気がある理由のようです。りんごは果物のなかでは糖質が少なく、1個あたりのカロリーは約100kcal。食物繊維が多いので腹持ちがいいのが特色です。ダイエット食品の代名詞ともいえるこんにゃくは、100gで5kcal 。食物繊維の一種であるグルコマンナンに、コレステロールを吸着する作用があります。オオバコにもコレステロールや中性脂肪を排出する作用があり、食物繊維が豊富なため、便秘解消にも役立ちます。これら...
続きはコチラ

きれいに痩せるコツ

「体脂肪を落としてきれいに痩せる」が今どきのダイエットの常識です。“きれい”というのは、外見的にはくびれた、メリハリのあるボディのこと。もちろん肌にハリがあり、たるんだり、荒れたりしていない。さらに、カラダの中からきれいになることが大事。「健康的に痩せる」のが理想的なダイエットといえます。ダイエットの原点に戻って、太る理由を考えてみましょう。@遺伝(脂肪細胞に脂肪を蓄えやすい能力が遺伝する)。A過食(食べ過ぎ)。B食べ方の問題(早食い。まとめ食い。ながら食い。食事回数の少なさ)。C運動不足。D精神的ストレスによる「やけ食い」などの心理的要因。Eカラダに入ってきたエネルギーが基礎代謝、生活活動代...
続きはコチラ

ラクラク入浴法と運動で長続きダイエット

挫折したダイエット方法や、そのダイエット法をやめたらリバウンドしてしまったというのは、どこかに無理があったからです。また、きつい運動が続かないのも当たり前のことです。だったら、無理がなく、ずっと続けられるラクなダイエット法や運動をすればいいのです。そこで、注目したいのはお風呂。ほとんどの人が毎日お風呂に入りますよね。お風呂をダイエットに活用しない手はありません。入浴後カラダが温まると毛穴や汗腺が開き、体内の老廃物が排出されます。また、リンパ液の流れもよくなり、消化器官、泌尿器官などの器官の働きがよくなります。それで“水太り”が解消し、脂肪も燃えるので、ダイエットに効果的なのです。42℃以上の熱...
続きはコチラ

このページの先頭へ戻る