メラトニン

夜は12時までに寝よう

ダイエットするなら、夜の10時前には寝るようにしましょう。夜の10時を過ぎると、成長ホルモンやメラトニンという分泌物質が出てきます。メラトニンの分泌は午前2時頃がピークですが、活性酸素を中和する能力は大きく、カラダを修復してくれるのです。

 

カラダがむくんでいても、眠っている間に代謝させてくれます。しかし、夜の10時までに寝るのは、普通に会社勤めをしている人にはたいへんでしょう。ですから、できれば夜の12時までに「その日のうちに寝ましょう」とおすすめしているのです。

 

たとえば、夜更かしをしていて、朝はダラダラと寝ている人は、セロトニンが働きませんから、食欲がなくて、カラダがだるいということになります。そうすると「痩せるからちょうどいい」などという人がいますが、体調が悪くて痩せてくるのですから、そのあとでひどいリバウンドがきます。

 

また、夜に分泌されてカラダを修復してくれるメラトニンも、セロトニンから合成されます。朝、しっかりセロトニンをつくっておかないと、夜のメラトニンもできませんので、身体の代謝が進まず、むくみが次の日まで残って、肌のツヤも悪くなってしまいます。

 

これが何日も続けば、どんどんむくんで太ってしまいます。健康的に美しく痩せたいと思ったら、早寝早起きをするようにしましょう。夜の12時前に寝ると、自然に朝はスッキリ目覚められるようになります。

関連記事


このページの先頭へ戻る