ウォーキングのすすめ

仕事の合間や休み時間にできるちょっとした運動です。10分でいいから、ウォーキングをしてみましょう。通勤の途中でもお昼の休憩時間でもかまいません。早足でちょっと息が上がる程度に歩くと、運動としての効果があります。

 

通常、健康維持のためのウォーキングの時間は、40〜45分くらいといわれています。しかし、それをするにはわざわざ時間をつくらなければなりませんよね。10分くらいでしたら、心がけてさえいれば、仕事のすき間につくれるでしょう。

 

この10分のウォーキングを積み重ねていくだけでも、まったくやらないよりはずっといいと思います。

 

カラダの中の、脂肪がついているところは、何も代謝しません。ですから、身体についた脂肪を燃焼させるためには、筋肉がなければなりません。

 

10分間ウォーキングをやり続けていくと、そのうちに、体重は同じなのに、「太ももが細くなったわ」と感じるようになるでしょう。脂肪よりも筋肉のほうが密度が大きいので、仮に体重は変わらなくても締まってきますから、見た目がスッキリとキレイなラインになります。

 

ぷよぷよした脂肪ばかりでは、代謝もしないので、痩せたくても痩せられません。脚に筋肉がつけば、そこで代謝が行われていくのです。すき間の時間を見つけては歩くこと。これを肝に銘じておくことです。

関連記事

ウォーキングのすすめ記事一覧

実践! ジョギング&ランニング

ジョギングとランニングはウォーキングと比較すると運動に慣れない人にとってはキツめの運動でしょう。カロリー消費効率がもっとも高いというダイエット効果抜群の運動です。ジョギングとランニングのコツは心拍数が上がりすぎないペースで走ることです。もし心拍数がすぐに上がってなら、足慣らしプログラムからスタートしていきましょう。慣れてきたら、徐々に走る距離を伸ばして、スピードをアップをはかります。目標継続時間は30分以上とします。ジョギングなら、体重60kg の人が約10分行えば、ショートケーキ1/4個分のカロリーを消費できます。《正しいランニングの方法》・着地はかかとからします。足全体で着地すると着地の衝...
続きはコチラ

このページの先頭へ戻る