スロトレ ポイント

“スロトレ”のポイントは筋肉を緩ませないこと!

スロトレは、その名の通りスローに、ゆっくりとやらなくてはなりません。
ゆっくりやらないと、スロトレにはならず、期待している効果が見込めないのです。

 

スクワットをする場合なら、ひざを曲げ切らず、また完全に立ち上がらずにまたしゃがむというように、筋肉を収縮させたままトレーニングを行なうのが絶対条件になります。
筋肉をゆるませないでトレーニングを続けることで、静脈の血流を制限して、あたかも高い負荷がかかっているように筋肉に錯覚させる仕組みです。

 

そもそも、運動の最中、筋肉のなかではどういうことが起こっているのでしょうか。
たとえば、重たいものを持つトレーニングを行っている場合では、持ち上げているときに筋肉が硬くなりますから、血液を絞り出しています。

 

下ろすと筋肉はゆるみます。ゆるむと筋肉の内圧がスッと下がりますので、止まっていた血液が一気に流れ込みます。
こういった血液の流れが運動をしているときには常時起きているわけです。
止まっては流れ、止まっては流れの、まさにポンプ状態なのです。

 

それに対して、スロトレでは、筋肉のなかを血液があまり流れない状態を維持したままトレーニングをします。
軽い負荷を与えて血流制限を起こし、高い負荷と同じような状態にするのです。
その結果、たとえ軽い負荷であっても、同じような効果が得られて筋肉を鍛えることができます。

 

もうひとつのスロトレの特徴は「ノンロック」です。
「ノンロック」とは関節や体勢を固定しない、すなわちロックしないで行なうエクササイズとのことです。

 

ノンロックで、ゆっくり、つまりスローな動きの運動ですから、関節や腱への負担が比較的に軽く、運動不足気味の中高年の人にもおすすめの「筋トレ」ということになります。

関連記事

スロトレのポイント記事一覧

実践! ウォーキング

効率のよい有酸素運動ができるウォーキングメソッドを紹介します。ウォーキングの有酸素運動効果を高めるためには、心拍数を1分間に120〜130回にキープできる程度のペースで歩きます。速足で歩くとカロリー消費量はアップしますが、息が切れたりしたらオーバーペースということです。こうなると、エネルギー源として体脂肪が使われる比率が少なくなります。できれば、1回に30分以上歩くのが理想です。体重60kg の人なら約18分間速足で歩くと、ショートケーキ約1/4個分のカロリーを消費できます。《正しいウォーキングフォームと注意点》・足裏全体で着地しないで、かかとから入ります。腰で歩くイメージで、つま先で地面を蹴...
続きはコチラ

このページの先頭へ戻る