有酸素運動 心拍数

有酸素運動の心拍数は110〜120が目安

有酸素運動を効果的に行なうためにはコツがあります。
筋トレをすれば、成長ホルモンやアドレナリンが分泌して脂肪が分解されます。
分解した脂肪を燃焼させるためは、6時間以内に有酸素運動を行えば確実でしょう。

 

筋トレをした身体の状態は、自動車でいえば、すでにエンジンが暖まっている状態なのです。
有酸素運動の最初の15分〜20分はエンジンを温める途中みたいなものであり、脂肪はあまり燃えません。

 

しかし、筋トレをやって体をスタンバイ状態にしておくと、即、有酸素運動で脂肪を燃やすことができます。
さらには、一度エンジンを切った状態で少し時間がたってからエンジンスタートさせても、すぐスタートアップすることができます。
いったん暖まったあとなら、ひと休みして水分を補給しても、純粋に少し休んでも何の問題もないのです。

 

その有効な筋トレのあとの有酸素運動で、自分にとってふさわしい運動方法を探ってみましょう。
有酸素運動にも、人それぞれにふさわしい負荷というものがあります。

 

まず、「最大酸素摂取量」という指標がポイントになります。
筋肉が加齢により減ることはわかっていますが、実は身体が酸素を取り込む能力も同時に衰えています。

 

身体が取り込むことができる最大の酸素量を「最大酸素摂取量」といいます。
純粋な有酸素運動は、最大酸素摂取量の50%〜60%の強さの運動になります。
無理をして、ハードな運動をして頑張っているつもりでも、脂肪はあまり燃えないので、脂肪消費という意味では無駄が多くなってしまいます。。

 

無駄のない有酸素運動は、うっすら汗をかくくらい、つまり、心拍数110〜120くらいをキープするということを、一応の目安としてください。

関連記事

有酸素運動記事一覧

ランニングで体脂肪燃焼

ウォーキングは歩くので片足が必ず地面についていますが、ジョギングやランニングは走るので両足が宙に浮いている瞬間があります。そしてジョギングやランニングはスピードがある分、着地時に足首、膝、腰への負担が高くなります。走り慣れていない初心者がいきなりハイペースで走ってはいけません。ジョギングやランニングは、最初はゆっくりと無理のないスピード、距離からスタートしましょう。また、初めはウォーキングとジョギングを組み合わせて行うと、無理なく走ることに慣れていきます。最初は12分間を1単位として、その中にウォーキングとジョギングを短い間隔で組み合わせていき、次第にジョギングの割合を増やしていくのがいいでし...
続きはコチラ

エアロビクス

エアロビクスは音楽に合わせながら楽しくできるうえ、運動レベルの違う仲間と行なっても、自分に合った運動強度(ペース)をキープすることができるという大きなメリットがあります。最初は、自分に合った運動強度をインストラクターに相談しながら、基本的な動きから習いましょう。自宅で行なう場合には、ビデオなどを参考にして、運動強度が高くなりすぎないように注意しながら行います。エアロビクスは最初、ローインパクト(片方の足が必ず床についている)からスタートします。心拍数は1分間に120回前後をキープし、15〜20分程度を目安に行ないましょう。初めは筋肉の温度や心拍数が徐々に上がるようにリズミカルなウオーキングやス...
続きはコチラ

水泳で筋肉量を増やす

体重が多い人やひざや腰に問題がある人には、浮力により関節の負担を軽減できる水泳がいいでしょう。水泳は上半身に筋肉をつけることができるので、基礎代謝が高められるメリットがあります。注意したいのは、無理なペースで泳ぐと脈拍数が急激に上がり、有酸素運動が低下することです。徐々に泳ぐ距離を伸ばしていくことで心肺機能が向上してきます。そうすると陸上での動きもしだいに楽になってくるでしょう。《水泳・水中運動のメリット&ポイント》浮力があるおかげで、ひざや腰が弱い人や骨粗しょう症の人、かなり体重がある人でも無理なく運動することができるというメリットがあります。水の抵抗を利用して運動負荷量を高め、筋力アップを...
続きはコチラ

ストレス解消にも期待

趣味として楽しんでいるスポーツがあるようなら、工夫しだいで有酸素運動に変えることができます。また、そのようなスポーツをすれば、楽しみによるストレス解消にも期待できます。無理に運動をするとなかなか続けることができません。運動に慣れていない人には「楽しくできる、好きなスポーツ」を見つけて続けることから始めます。まずはスポーツに体を慣らすことが大事です。《テニス・卓球》テニスや卓球で有酸素運動をするなら、試合ではなく、30〜40分程度軽くラリーを楽しみながら運動をします。試合になると動きが激しくなるので、無酸素運動の要素が主になってしまいます。体脂肪を燃焼するレベルを超えた運動量となってしうので、有...
続きはコチラ

このページの先頭へ戻る