筋トレ 呼吸法

筋トレは呼吸を正しくおこなって効果を高めます。

筋トレをする場合、体幹を固定させることで、チカラが出るわけですが、体幹は息を吐いていなければ固定しにくいようになっています。
チカラを出すためには体幹が硬くなっているというのが基本であって、そのために息を吐くのです。

 

たとえば腹筋は、呼吸筋の役割も果たしています。
腹筋にチカラを入れるとお腹が引っ込みますから息が出てきます。
体幹の筋肉がチカラを出すときには呼吸でいうと「息を吐く」という状態に自然となるのです。

 

スクワットなら立ち上がるときには息を吐きます。
反対にしゃがみ込むときには息を吸うという呼吸になるのです。
逆のいい方をすれば、息を吐くために腹筋は活動するのです。

 

だから、腹筋を使ってお腹をすぼめるときに、息を吐くのはごく自然のことです。
腹筋や大腰筋を使って足を持ち上げるなどの動きでも、息を吐くのは自然です。
大切なのは、体幹の筋肉がチカラを出す間、強く長く吐くことです。

 

呼吸を意識することで腹筋群の活動が高くなることも確認されています。
腹筋群のトレーニングの場合には、2倍くらい効果が違ってきます。
ぜひとも、呼吸を意識して筋トレをやっていただきたいと思います。

 

あと一点、注意事項があります。
筋トレでは、必要以上に負荷を上げていくと、息を吐いただけではすまずに、息を吸ってから止めることになります。
こうすると、より強く体幹が固定されます。息をこらえて顔が赤くなった状態です。

 

しかし、このようなトレーニングでは血圧が極めて高くなります。
専門家の指導を受けていない場合は、息をこらえることが必要なほど大きな負荷はかけないようにしましょう。
息を止めなければ持ち上げられないような負荷は、健康づくりのためのトレーニングでは必要ないのです。

関連記事


このページの先頭へ戻る