肥満と糖尿病

肥満と糖尿病

「肥満は万病のもと」といいます。
太りすぎの人は生活習慣病が引き起こされやすくなっています。
つまり、メタボリックシンドロームになる可能性が高く、生活習慣病に係わる危険と隣り合わせの状態になります。

 

太り気味の人は、生活習慣を見直し、食生活の改善と適度な運動で肥満を解消しなければいけません。
また、見た目はそれほど太ってはいないけれど、内臓脂肪が多い「隠れ肥満」と呼ばれる人も増えてきています。

 

糖尿病は、グリコーゲンを肝臓に貯蔵するために必要なインスリンの分泌量の調節能力が低下してしまう病気なのです。
血中の血糖値の数値が高すぎる場合は糖尿病と診断されます。

 

糖尿病は、最近では、若い世代にも急増している生活習慣病の代表です。
糖尿病は一度かかってしまうと、完治することができないむずかしい病気です。
しかし、生活習慣を見直すことで、症状を抑えていける病気でもあります。

 

糖尿病は、インスリン不足により血糖値が異常に高くなります。
この血糖値が異常に高い状態を放置すれば血管や神経にダメージを与え、いずれは高血圧、心臓病、高脂血症、胆石などのほか、神経障害、網膜症、腎症など、恐ろしい合併症を引き起こしてしまいます。

 

遺伝的な要因も大きいのですが、過食・運動不足による肥満、過度なストレスもインスリン不足を強調するために、糖尿病を誘発することが多々あります。
こわい糖尿病を予防するためには、血糖値を過度に上げるような暴飲暴食、運動不足といった生活習慣を改善することが最重要になります。

関連記事


このページの先頭へ戻る