脂肪 燃焼

人生最後のダイエットで成功する!

ダイエットへのモチベーションを上げたくて、思い切ってエステのダイエットコースの体験に行ってきました! 少し前から、キャビテーションという短期間で脂肪が燃焼する痩身法が気になってしかたがなったのです。

 

ネットの口コミを見てしまうと、悪い書き込みに影響されてしまいそうだったので、キャビテーションを導入しているサロン3つの公式サイトを熟読して、いちばん行ってみたいところにネットで申し込みをしました。

 

以前はエステだけで痩せると思っていなかったのですが、実際に本格的なカウンセリングと施術体験を受けてみると、その考えは変わりました。

 

エステに行った時だけキャビテーションのお手入れをするのではなく、日ごろの食生活や生活習慣にもアドバイスがもらえるし、キャビテーションを1回受けてみると、たった数十分で見た目にわかるほどサイズダウンするし、身体はいつまでもホカホカで、いいことづくめでした。

 

効果には個人差があるのはわかっていますが、もしかしたら、エステのチカラを借りてのダイエットは、私の体質や性格にすごく合っているのではないかという気がしてきました。

 

運動が苦手で、一人でダイエットをしても何度も挫折している私の、人生最後のダイエットで成功するかもしれないと思うと、期待がふくらみ、ワクワクします。

関連記事

脂肪が燃焼記事一覧

「皮下脂肪」と「内臓脂肪」はどう違うの?

体脂肪は体のあちこちを住みかにしています。気を抜けば、その範囲をどんどん拡大していきます。肥満の人は、体脂肪にかなりのスペースを占領されている状態、と言えるでしょう。さて体脂肪は、どの場所に住みつくかによって、次のふたつに分類することができます。ひとつめは、皮膚の内側の真皮の下にたまる皮下脂肪。もうひとつが胃や肝臓、腸など内臓のまわりにたまる内臓脂肪です。この2タイプは、脂肪の蓄え方にも違いがみられます。皮下脂肪細胞のほうは、過剰なカロリーを吸収すると、主に細胞の数を増やして体脂肪を蓄えてゆく“脂肪細胞増殖型”。一方、内臓脂肪のほうは、主に脂肪細胞の中身をふくらませて体脂肪を蓄えてゆく“脂肪細...
続きはコチラ

体脂肪の役割

体脂肪は、脂肪細胞という細胞が集まってできた脂肪組織で、その数は成人で250億個から300億個もあるといわれています。体脂肪はつく場所により、皮下脂肪と内臓脂肪に分かれます。さて、肥満の原因となる体脂肪には、体になくてはならない重要な役割があります。まず第一に、体脂肪はエネルギーを貯蔵する役割があります。たとえば、冬山で遭難した場合など、ものが食べられなくても、体脂肪に蓄えておいたエネルギーを使って、生命を維持することができます。第二の役割として、とくに皮下脂肪には、寒さや暑さから身を守る断熱材としての働きや、外部からの衝撃をやわらげて内臓を保護する、クッションとしての役目もあります。とかく悪...
続きはコチラ

このページの先頭へ戻る